脱毛箇所による脱毛効果の違い

脱毛箇所と効果

脱毛を何カ所もやっている方ならわかるかと思うんですが、脱毛箇所によって脱毛効果はかなり違います。するする抜ける箇所もあれば、減ってるかどうかがわからないと感じる箇所もあります。

今回は脱毛サロンで行っている光脱毛について脱毛箇所ごとに脱毛効果を詳しく書いていきます。

濃く太い毛の部位における脱毛効果

濃いムダ毛

まずは体の中でも比較的濃くて太い毛が生える箇所の脱毛効果について解説します。

チェック 両ワキ

両ワキは、光脱毛1回で表面に出ている毛のほとんどが抜け落ちます。毛の量が多い人で15回は必要になります。それでも何本かまた生えてくるので自己処理が必要ないくらいまでにしたいとなると20回以上光を当てる人もいます。毛が減るまでは痛みを感じます。

チェック VOIライン

デリケートゾーンのVライン、Iライン、Oラインを合わせてVIO脱毛と呼ばれます。こちらも1回の照射で表面に出ている毛のほとんどが抜け落ちます。ただ、毛の本能としてデリケートゾーンを守るために生えてくるのでこの部分はなかなか減っていかないのも特長です。

光の影響で細くなった毛が繰り返し生えてきます。こちらも10回以上光を当てる必要があります。痛みを強く感じる人が多いです。

チェック ヒザ下

ヒザ下は、1回の照射で肌表面に出ている毛の60~70%が抜け落ちます。ワキやVゾーンに比べるとやや残りやすいです。

自己処理による乾燥や日焼けの影響が考えられます。自己処理がいらなくなるまでだと10回以上は必要になります。骨の近くやヒザ付近は痛みを感じやすいです。毛が減ってくると痛みも和らいできます。

 

比較的細いムダ毛が生えている箇所の脱毛効果

背中

次に上記箇所よりは細く生えている部位についての脱毛効果について解説します。

チェック ヒジ下
ヒジ下のムダ毛は、1回の照射で今生えている毛の60~70%が抜け落ちますが目に見えて減った様子はわかりにくいです。

10回以上光を当ててようやく抜けてきたかな、細くなってきたかなとわかるくらいです。こちらもヒジまわりや骨に近い部分は痛みを感じやすいです。

チェック 背中・おなか

1回の照射で抜けたかどうかがわかりにくいです。背中については自分で確認するのはなかなか難しいですね。こちらも10回以上光を当ててようやく減ってきたかなと感じる箇所です。

おなかに数本生えている太い毛は抜けやすいですが、うぶ毛のようなものは抜けにくいです。痛みはあまり感じません。温かさを感じる程度です。

チェック 乳輪まわり

乳輪まわりのムダ毛1本1本が太めなら1回の照射で抜けるのがわかります。こちらもVゾーンと同じくデリケートな部分を守るために毛は生えてくるので毛量が多い人だと毛は細くなるもののなかなか減らないなと感じるでしょう。
痛みはあまりないですが、毛の太さによってはチクッと感じる程度の人もいます。

チェック 太もも

太ももの毛は、ヒジ下と同じく1回の照射で60~70%は抜け落ちているものの目に見えて減った様子がわかりにくいです。ぜんぜん抜けなかったと感じる人も少なくありません。
こちらも減ったなと感じるまで10回以上は必要です。痛みはほとんどありません。

チェック ヒジ上

ヒジ下に比べるとやや毛が細い傾向にあるヒジ下のムダ毛。なのでヒジ下よりももっと減った感じがわかりにくいといえます。回を重ねると減りはしますが、もともと毛が濃く生える箇所ではないので5~6回で終わる人も多いです。
ヒジ付近は骨に響くこともありますが痛みはほとんどありません。

 

より細い産毛ほどの箇所における脱毛効果

鼻下

最後にうぶ毛程度の濃さの毛が生えている箇所についてです。

チェック 鼻下

鼻下の産毛は、1回の照射で数本ずつ減っていくイメージです。減った感じも毛が細くなる感じもわかりにくいといえます。減ってきたなと思って脱毛をやめても数年後また最初の頃の毛量に戻っている人もいます。
唇に近い部分は熱く感じます。

チェック 指・手の甲

指・手の甲に生えるムダ毛は、脱毛しても減ってきた様子はわかりにくいです。しっかりした毛が生えている人で5回照射後、毛が細くなってきたかなと感じる程度です。

チェック うなじ

うなじは、背中同様、自分では効果がわかりにくい箇所です。髪の毛と変わらない太さの毛を処理する場合は減りやすいですがうぶ毛だと回数が必要になるか減らないかのどちらかです。髪の毛に近い部分は熱さを感じやすいです。

 

【まとめ】脱毛箇所と脱毛効果の違い

現在多くの脱毛サロンで使われている機械は黒くて太い毛が白い肌に生えてる状態のときに、より高い脱毛効果を発揮します。

また日焼けの影響で肌が黒くなっていたり自己処理で肌が傷んでいると出力があげられないので脱毛効果が落ちます。また、毛周期というのも脱毛に深く関わっているので2~3ヶ月ごと(サロンが推奨する期間)に定期的に脱毛することをおすすめします。

今回は、脱毛箇所における各効果の違いをご説明いたしました。

特定の部位や箇所を脱毛したいならば、その希望する箇所を調べればいいですが、複数箇所に渡って脱毛したいならば脱毛サロンの全身脱毛コースを選ぶことをおすすめします。

全身脱毛ならばまとめて脱毛できますし、部位ごとに脱毛するよりも料金も安くなりお得です。お得に全身脱毛したいならこちらのサロンがおすすめです。⇒ 全身脱毛京都ランキング | 京都で人気のおすすめ脱毛サロン

サブコンテンツ

このページの先頭へ