最新式の脱毛機器はSHR脱毛

最新脱毛

現在の脱毛用機器というと、クリニックで施術される医療レーザー脱毛か、エステで使用されているフラッシュ脱毛が主流になっています。
いずれにしても、光の熱で毛を生成する部位である毛根にダメージを与えることが目的になっています。また、フラッシュ脱毛にはILP脱毛SSC脱毛の2種類があります。

近年、最新式の脱毛機器が使用されるようになっており、それが「SHR脱毛」です。

SHR脱毛のシステム

SHR脱毛も従来の医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛と同じように、脱毛したい部位に光を当てることに変わりはありませんが、当てる目標が異なっています。
従来の光脱毛は光の熱によって毛根の中にある毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛の成長を阻止したり、遅らせたりします。

一方、SHR脱毛は毛根ではなく、毛穴の内側にある毛包と呼ばれる部位をターゲットにしており、発毛因子の生成されるバルジ領域という部分に少しずつ光の熱を与えていきます。
バルジに熱が蓄積されると、発毛の指示を出す発毛因子がダメージを受け、発毛が抑制されます。
このように、熱を溜めていくシステムであることから、SHR脱毛は「蓄熱式脱毛」とも呼ばれます。

SHR脱毛のメリット

SHR脱毛のメリットとしては以下などが挙げられます。

痛みが少ない

従来の光脱毛は、皮膚の奥にある毛根に強い熱を与えるため、大なり小なりの痛みを感じる人が少なくありません。
SHR脱毛は皮膚に近い毛包に熱を蓄積するだけなので、痛みを感じることがほとんどありません。

毛周期に左右されない

実は、毛には黒い毛が伸びていく成長期、自然に毛が抜けていく退行期、成長が止まる休止期というサイクルがあり、毛周期と呼ばれています。
従来の光脱毛は、毛に含まれる黒いメラニン色素に光が反応して熱を帯びる性質を利用するため、
メラニン色素の多い成長期にある毛に対して光を照射しないと脱毛効果が得られません。つまり、休止期にある毛には効果が発揮できないということです。
そのため、毛の毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとに施術を繰返さないと脱毛効果が得られません。

ところが、SHR脱毛は毛根ではなく発毛因子のあるバルジにダメージを与えるものであるため、毛周期に影響されることがありません。
いつでも脱毛施術を受けられることから、結果的に従来の光脱毛よりも早く脱毛処理を完了させることができます。

毛を選ばない

従来の光脱毛は、メラニン色素の無い毛には効果を得られません。従って、メラニン色素の少ない産毛などの細い毛や薄い毛には施術をしても意味がありません。
しかし、SHR脱毛はメラニン色素の有無は関係ないため、毛を選びません。当然、黒い毛に混じった白髪の脱毛も可能です。

施術時間を短くできる

従来の光脱毛で全身の脱毛をするとなると、一般的に2~3時間の施術になります。
ところが、SHR脱毛の場合は全身の脱毛であっても、1時間程度で施術が完了します。
その理由は、SHR脱毛における光の照射は10秒間で約1,000本もの毛に対応できるからです。

黒ずんだ肌も施術が可能

従来の光脱毛は黒いメラニン色素に反応して熱を帯びるため、同じようにメラニン色素によって黒く日焼けした肌や黒ずんだ肌に施術すると、肌を痛めて炎症を起こす危険性があります。

SHR脱毛はメラニン色素に左右されるものではないため、肌の色に影響されません。
従って、日焼けした肌や黒味のあるデリケートゾーンでも施術が可能です。

SHR脱毛のデメリット

SHR脱毛のシステムには正直、大きなデメリットはありません。ただ、最新式の機種であるため、施術を受けられるクリニックやサロンが限られます。
今後、クリニックやサロンでSHR脱毛の機器の導入が増えてくれば、利用者の増加が見込まれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ