ちょっと恥ずかしい。どんな格好や体勢でVIO脱毛するの?

vio脱毛どんな風に

女性が脱毛サロンで施術を検討している部位の上位に来るのがVIOラインです。
人目に晒すのには躊躇してしまうところですが、それよりも自己処理の難しさや煩わしさ、その手間から解放されたいという思いもあり、多くの女性が利用をしています。

ただ一体どういった格好や体勢で、どんな風に施術が行われているのか知識がなければ不安に思ってしまう部分もあるでしょう。

脱毛サロンでどの様にVIO脱毛の施術が行われているかご紹介します。
デリケートゾーンだから恥ずかしい、不安がある、そういった方はぜひ参考にしてください。

 

VIO脱毛施術の際の格好や体勢


脱毛サロンのVIO脱毛の対応にはお店による違いがあります。

格好に関しては半身のみ下着を脱いで紙パンツを着用、その上からガウンを羽織って施術台の横になって待機というお店、下着を脱いでタオルだけを纏った状態になるお店、Tバックなど自前の下着を持ち込めるお店などさまざまです。

vio施術の際の格好例

  • 紙パンツを着用
  • タオルだけの状態
  • Tバックなど自前の下着を着用

基本的には施術のために下半身全てを露出するわけではないので、性器が丸出しになってしまうといったことにはなりません

身につけている下着やタオルを照射する部位のみ捲りながら、可能な限り羞恥心を覚える部位を隠しながら脱毛できるように配慮されています。

どんな格好で施術が行われるかは、事前にホームページを確認したり、カウンセリング時にスタッフに詳しい話を聞いておくといいでしょう。
また、施術の体勢に関しては各脱毛サロンで大きな違いはありません。

たとえば、Vラインは正面から見て足の付け根からヘソの下に生える陰毛を指しますが、この部位の施術は足を開く必要がありません。

仰向けになって施術台に寝そべり、パンツやタオルを足元から中央部に寄せながら照射をしていきますので、VIOラインの中ではそれほど恥ずかしくないでしょう。

ただ、性器の両サイドにあたるIラインは、足を閉じたままというわけにはいかなくなります。左右片方ずつの照射になり、仰向けに寝て施術を行うほうの膝を立て、パンツやタオルをずらしながら照射をしていきます。

この際も性器が見えないように隠しながらの施術になりますので、慣れればそれほど恥ずかしくありません。恥ずかしさでいえば、多くのかたから最初は躊躇したという口コミが見られるのがOラインになります。

こちらはうつ伏せ、もしくは四つん這いの状態になり、お尻の肉を持ち上げながらの照射になりますが、Tバックやタオルで隠していても、肛門が露出してしまうことは避けられません。

 

恥ずかしさよりもメリットが多いVIO脱毛

しかし、いずれの場合もVIOライン自体の施術が人気であるということで、その分スタッフもいろいろな女性のVIOラインを目にしてきています。

利用者の恥ずかしいという気持ちにも十分配慮していますし、淡々と施術をするだけで1回脱毛をしてみるとあっけなく終ってしまったという声も多いのです。

そうした恥ずかしさよりも、施術を受けるうちにムダ毛が目に見えて減っていき、面倒で手間だった自己処理の必要がなくなる快適さのほうが勝ることから、脱毛してよかったという感想をよく目にすることができます。

VIOラインを綺麗にすることよって見た目が整うだけではなく、蒸れを軽減したりニオイの発生源を排除できるなどメリットも豊富です。

IOラインのムダ毛に関しては、排泄物や経血がつかなくなることから、下着やナプキンに当たる肌触りも随分快適になるでしょう。

剃っただけではすぐに生えてきてチクチクしてきますし、何度も処理をすれば肌荒れの原因にもなるなど、面倒なだけではなく肌トラブルを起こしやすくなるのも問題です。

そうした悩みを解決するためにも、VIOラインの脱毛を行うことをおすすめできます。

実際に脱毛サロンでどういった施術が行われているのか知っておけば覚悟もできますし、自身で試してみれば不安も解消します。

この先、ずっと下半身のムダ毛に煩わされ続けるよりも、思い切って施術を受けてみてください。

関連記事:おすすめVIO脱毛のメリット・デメリット。回数や形まで

サブコンテンツ

このページの先頭へ